当院の入れ歯治療

大切な歯を失ってしまった患者様が、快適で見た目も良く、再びしっかり物を噛むことができるように当院では、患者様のご希望に合わせた入れ歯(義歯)をお作りしています。

痛くない入れ歯:コンフォート

  • 入れ歯がゆるくて噛みにくい
  • 入れ歯が痛くて噛めない

こんな悩みをお持ちの方にお勧めするのが、痛くない入れ歯「コンフォート」です。

コンフォートは、歯ぐきにさわる部分にやわらかいシリコンを使った入れ歯なので、痛みが出ません。
加藤歯科医院独自の方法で安定性もさらに改善しています。

コンフォートについて
痛くない入れ歯:コンフォート

目立たない入れ歯:バルプラスト

  • 入れ歯を作ったけれども、金具が目立つので、使いたくない
  • 笑うと金具が見えてしまうので、入れ歯を入れてから笑うのがイヤになってしまった

こんな悩みをお持ちの方にお勧めするのが、目立たない部分入れ歯「バルプラスト」です。
この入れ歯には、金具がありません!

バルプラストについて
目立たない入れ歯:バルプラスト

薄く丈夫な入れ歯:金属床義歯

  • 人前で話すことがあるので、できるだけしゃべりやすい入れ歯がよい
  • とくに痛みはないので、できるだけ楽な入れ歯がいい

こんな悩みをお持ちの方にお勧めするのが、薄く丈夫な入れ歯「金属床義歯」です。
上あごの部分が金属でできていて、薄くて丈夫、清潔です。

金属ですから、熱が伝わりやすく食べ物の温度を感じやすいです。

金属床義歯について
薄く丈夫な入れ歯:金属床義歯

入れ歯が健康に与える影響

広島県尾道市の調査では

  • 残っている歯が9本以下で入れ歯を使っていない人に寝たきりもしくは日常生活に介護が要る人が多い。
  • 残っている歯がが9本以下で入れ歯を使っている人に寝たきりもしくは日常生活に介護の要る人がずっと少ない。
  • 残っている歯が20本以上ある人に寝たきりは殆どいない、そして噛める人は寝たきりが少なく、高齢でも仕事をしている。

歯がたくさん残っていて、しっかり噛める人は脳の血流量も維持され認知症にもなりにくいという報告もあります。

歯がなくなっても、入れ歯などでしっかり噛める人は、歯のある人と同じように健康な状態を保つことができるという報告もあります。

ですから、入れ歯でも、しっかり噛めることはとても大切なことなのです。

噛める入れ歯なら

  • 噛むことで脳の血流量が維持され、認知症などになりにくい。
  • 噛むことで、表情筋が活性化され、小顔、生き生きした表情になる。
  • 噛まないと、顔がたるんできます。
  • 体のバランスが良くなり、運動能力も改善する。
  • 食事もおいしく、みんなと楽しく食べることができます。
  • 「私だけが食べられない」、「私だけが食べるのが遅い」そんなつらさからも、さよならできます

事実、加藤歯科医院でも元気のなかったおばあちゃんが、新しい入れ歯を入れてしっかり噛めるようになったら、すごく元気になったといううれしい報告もあります。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は8:30からご予約可能 、 駐車場13台分完備

月〜金/9:00〜13:00、14:30〜19:00
土曜日/9:00〜13:00
日祝日/休診

電話相談してみたい方

院長が無料電話相談いたします。
月〜金:午後1:30〜2:00
加藤歯科医院 院長 加藤 誠也

何か悩んでいること、心配なことがありましたら、お気軽に電話相談をご利用ください。