バルプラストとは?

バルプラストは審美性にすぐれた見た目に美しい入れ歯です。 歯の表面に金属スクラブ(バネ)が無いため無いため、入れ歯であることが気づかれません。

  • 入れ歯を作ったけれども、金具が目立つので、使いたくない
  • 笑うと金具が見えてしまうので、入れ歯を入れてから笑うのがイヤになってしまった

こんな悩みをお持ちの方にお勧めするのが、目立たない部分入れ歯「バルプラスト」です。

ご予約ご相談はこちら
011-722-8020
目立たない入れ歯:バルプラスト

バルプラストのメリット

  • 弾力の高い材質により薄く仕上がり、お口の中が快適です。
  • 装着したときには、入れ歯の色調が歯ぐきと近いため、目立ちません。
  • 金属のバネがないため、金属アレルギーの心配がありません。

ただし、歯を足したりできない。修理が難しいといったデメリットがあります。

保険の入れ歯とバルプラストの違い

保険の入れ歯(模型)

保険の入れ歯(模型)
保険の入れ歯(模型)

金具が前歯にかかっていて、目立ってしまいます。
真ん中の歯であればもっと目立ってしまいますね。

保険で作成できる入れ歯では、金具や、入れ歯自体が分厚くできているので、どうしても、違和感があります。
使っているうちに慣れてくれればいいのですが....。残念ながら、薄く作ると壊れてしまいます。

バルプラスト(模型)

バルプラスト(模型)

特殊なプラスチック(スーパーポリアミド)を使用して、目立たないように入れ歯を支えます。

保険で使用している材料よりも、バルプラストは弾性が強く強度が高いので、薄く仕上げることができるため、入れ心地は快適です。

金具がありませんので、見た目も自然です。

写真は模型ですので、割と目立つ感じがあるかもしれませんが、お口の中では目立ちにくいです。

バルプラストは、薄くて弾性が高いため、はめ心地、噛み心地に違和感が少ないと、大変好評です。
バルプラストは、薄くて弾性が高いため、はめ心地、噛み心地に違和感が少ないと、大変好評です。

バルプラストを通して、模型が透けて見えます。

弾性が強く、強靱なプラスチックですので、こんなに薄く作ることができます。

指でつまむだけでもよく曲がります。もちろん、指を離すと元の形に戻ります。

バルプラストは、薄くて弾性が高いため、はめ心地、噛み心地に違和感が少ないと、大変好評です。

バルプラストの費用

加藤歯科医院では、¥132,000で作成しております。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は9:30からご予約可能 、 駐車場10台分完備

月〜金/10:00〜13:00、14:00〜20:00
土曜日/10:00〜13:00
日祝日/休診

電話相談してみたい方

院長が無料電話相談いたします。
月〜金:午後1:30〜2:00
加藤歯科医院 院長 加藤 誠也

何か悩んでいること、心配なことがありましたら、お気軽に電話相談をご利用ください。