インプラントとは、歯を失った箇所に埋める人工歯根のことを言います。
図のような形になります。

通常、歯茎の中の歯根が歯を支えています。
この土台となる根の部分が無くなってしまうと差し歯などの治療法では対応できません。

当医院では20年以上の経験、最近では年間100本以上のインプラント治療を行っています。
インプラント治療は、院長の加藤と網塚が責任をもって治療させていただいています。

インプラントの解説図

当院がインプラント治療に取り組む2つの理由

当院では、積極的にインプラント治療に取り組んでいます。

1.できるだけご自分の歯を、長持ちさせるため。

普通に行われている入れ歯やブリッジは、残っている周囲の歯に多くの負担をかけてします。
かみ合わせの力が強くかかったり、虫歯のリスクが高くなってしまうのです。
歯を長く使うという意味では、入れ歯やブリッジは実は危険なのです。

その点、インプラントはご自分の歯には全く負担をかけません。
もし、最初の一本がだめになってしまったときにインプラントを使っていれば、残りの歯はずっと使えるかもしれません。
ブリッジにすることで、長い目で見ればだんだん入れ歯に進んでいくリスクが大きくなります。
小さな入れ歯は、だんだん大きな入れ歯になっていくリスクが出てくるのです。

2.今、入れ歯で苦労されている方を、助けるため。

インプラントになると、入れ歯やブリッジに比べ、本当に楽になります。
特に入れ歯を入れている方は、いろいろな不自由を感じてらっしゃると思います。
異物感であったり、痛みであったり、手入れのめんどくささであったり。
しかも、入れ歯を入れていると、だんだんあごの骨がやせていきますので、今調子が良くてもだんだん合わなくなってしまうのです。

さらに、支えになっている歯がだめになるリスクも高くなり、だんだん大きな入れ歯になっていってしまいます。
今、インプラントをすれば、入れ歯と一生さよならできるかもしれません。

気になる方は、お気軽にスタッフに相談してください。

加藤歯科医院のインプラント治療

安心・安全・痛くないを大切にしています

なぜ、安心?

デンタルインプラントコーディネーターの資格を持つスタッフが、しっかりカウンセリングしています。
中には、3〜5回もカウンセリングを受ける方もいらっしゃいます。
しっかり納得して安心して治療を受けていただけるかどうかを決めていただきます。
カウンセリングは無料です、後からしつこく電話をして治療を押し付けるようなことはありませんので安心してご相談ください。
3か月毎の定期健診に来ていただける方には、5年間の保証を付けています。
もし、何か問題があったときには、無料で対応させていただきます。

なぜ、安全?

① 術前にCTを撮影し、安全に手術ができるかどうかを確認します

インプラントが安全にできるかどうかを、CTを取って分析しています。

CT撮影機

撮影した画像は、ランドマーカー7という専門の分析ソフトを利用して、安全にできるかどうかを確認しています。

ランドマーカー

② 安全のために、様々な専用の器具を使います

最新型のインプランター

加藤歯科医院では、最新型のインプランターであるIMPLATEX シロプロ 3Gを導入しました。
この機械はは、インプラント手術に本当に必要な高品質な機能が、コンパクトに集約されています。
大型4.3インチカラーディスプレイとダイヤルノブでの操作により、設定・操作はシンプルで、インプラント手術成功のため術者は治療に専念できます。
清掃・滅菌しやすいデザイン、簡単セットの注水チューブ、標準化されたメインテナンス手順はスタッフ負担も軽減します。

最新型のインプランター

ストッパー

インプラントを埋める穴をあけるときに、ドリルにストッパーを付けています。
例えば、10ミリの深さの穴をあけたいときには、それ以上、削ることはできなくなります。
これが、安全と治療の時間の短縮化にすごく役立ちます。
これが付いていないと、深く削りすぎてしまい事故の原因になる場合があります。
CTを使い、深さを決めて、それ以上削らないストッパーを使うと、安全です。

ストッパーのセット

ドリル

上は普通のドリルです。黒いマークを目印に、骨を削ります。
しかし、切削中は水をかけて冷やしますし、口の中は、暗くて見ずらいものです。
しかし、下のドリルのようにストッパー(青い部分)がつけてあると、必然的にそれ以上は深く入っていかなくなります。
とても安全に、必要に深さまで削ることができるので、治療時間の短縮にもなります。患者さんも楽です。

ピエゾサージャリー

骨を処理する必要があるときに、使います。時間が短く、体に対するダメージを最小にする効果があります。

ピエゾサージャリー

オートクレーブ

オートクレーブを用いた滅菌を高圧蒸気滅菌といいます。
これはオートクレーブ内の圧力を高温の蒸気で上げることによって、細菌や微生物の蛋白質を変性させ死滅させる滅菌法です。
インプラントに限りませんが、インプラントで使用する器具はオートクレーブで滅菌するか、使い捨ての器具を使っています。

オートクレーブ

滅菌手袋

使用する手袋も、一つ一つ滅菌されたものを使っています。
感染を予防するためです。しかし、患者さんに接しない予防着などは使用しません。
患者さんの感染予防には、関係ないと考えていますし、かえって患者さんの緊張感を高める結果になると考えているからです。
私たちも、動きやすい方がうまく手術ができると考えています。

滅菌手袋

術前投薬

インプラントのオペの前には、抗生物質を服用していただいています。
抗生物質の血中濃度をあらかじめ上げておくことで、より感染しにくくしています。

スリーミックス

スリーミックスとは、3種類の抗生物質を混ぜ合わせて、広い抗菌スペクトルを期待する薬剤です。
人工骨の移植などには併用しています。術後の感染予防や予後を高めてくれています。

リフティングドリル

上あごの骨が薄くて、通常の方法ではインプラントが埋入できない場合でも、ソケットリフトという方法でインプラントが埋入できる場合が多いです。
レベルの高い処置にはなりますが、リフティングドリルを使用することで、安全に行うことができます。
その他にも、明るいLEDライトによる拡大鏡、βーTCP,アパタイトなど安全を高める工夫をしています。

リフティングドリル

なぜ痛くない?

しっかり麻酔をして、できるだけ短時間で処置が終わるようにしています。
同じ治療でも、時間がかかるほど術後の予後は悪くなります。
当院では、インプラント手術時のスタッフが担当制になっていて、スムースに進むようにトレーニングされています。
オペの回数も、そこそこ多いので、慣れています。

無理をして難しい症例を、こなすよりも、できるだけ安全に痛くない方法を選択しています。
インプラントの手術法によっては、腫れやすかったり、内出血しやすかったり、痛みが強く出やすいものがあります。
加藤歯科医院では、できるだけ患者さんの負担が少なくなるような手術法を選択しています。

もちろん、いろいろな治療法を研究していますので、他院さまでは無理と言われるような状況でも、安全に行えるような場合もたくさんありますので、ご相談ください。

また感染予防のために術前にお薬を飲んでいただいたり、器具の消毒を完ぺきに行うなど感染予防を徹底していることも、痛みの発生を抑える役割を果たしています。

インプラント治療の費用

加藤歯科医院では、インプラント一本の費用は
¥26,4000円(税込)です。
そのほかに、かぶせ物の費用がかかります。
メタルボンド(白い歯)は、¥77,000
FCK(金属の歯)は、¥22,000です。

インプラント治療のよくある質問

Q:インプラントは何年くらい持ちますか?

A:インプラントは、日常のメンテナンスが非常に大切です。お口の衛生状態が良ければ10年以上、中には30年以上問題なく機能している患者さんもたくさんおられます。

Q:インプラント治療を受ける場合、年齢制限はありますか?

A:一般的に骨の発育が完成する20歳前後から可能です。ただし、上限はありません。全身的な病気などで、制限される場合はあります。

Q:インプラントの治療費はどれくらいですか?

A:自費になりますので、その医院さんによって変わってきます。
加藤歯科医院では、インプラント1本26,4000円、かぶせ物が、メタルボンド(白い歯)であれば77,000円、FCK(金属の歯)であれば22,000円となります。
他の費用は掛かりません。検査する場合、CT撮影料が2000円かかります。

Q:治療中、歯のない期間はどれくらいですか?

A:基本的には、仮歯を用意しますので、手術直後から仮歯を入れることがほとんどです。

Q:治療期間はどれくらいになりますか?

A:インプラントを埋入してから、安全に使うためには上あごで4か月、下あごで3か月の治癒期間を待ちます。
その後、2次オペを行い、その10日後くらいに型取りになります。
ですから、インプラントを埋入してから、4~5か月後に最終的なかぶせ物が入ることになります。

当院で使用しているインプラントは?

当院で使用しているインプラントは、米国のインプラントダイレクト社製インプラントを使用しています。
同社は、米国歯科医療分野最大手ENVISTA社の、Nobel Biocare systemsに属しており、製品の品質や、パーツの豊富さ、製品開発力で高いレベルを有しています。
インプラントダイレクト社インプラントは、世界規模で展開しています。
そのため国外でもメンテナンスを受けられますので、安心してインプラント治療を選択いただけます。

安心してインプラント治療を受けていただくために、まずはお気軽にご相談ください。

札幌市東区北30条東の加藤歯科医院

北30条東8丁目のバス停から徒歩1分、駐車場13台分完備

午前 9:00 – 13:00 休診
午後 14:30 – 19:00 休診 休診

最新のブログ記事一覧

  1. 加藤歯科医院は、オンライン資格等システムを導入しました。

    オンライン資格確認等システムを導入しました…

  2. 「か強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)」の施設基準を満たした認定歯科医院です

    か強診の施設基準が認定されました…

  3. 歯ぐきケアジェルPCX

    歯ぐきケアジェルPCX – 歯周病と虫歯の予防の…

  4. メルサージュ エピック 2in1

    メルサージュ エピック 2in1(松風)を導入しました…

  5. 歯が抜けてしまいました

    歯が抜けてしまいました、どうしたらいいでしょう?…

  6. 加藤歯科医院は、「歯科外来診療環境体制(外来環)」の施設基準を満たした認定歯科医院です

    外来環ってなに?

PAGE TOP