インプラントとは?

インプラントとは、歯を失った箇所に人工的の埋める歯根のことを言います。
一般にインプラントは、歯根を埋める治療法のこと意味することが多くなっています。

通常、歯茎の中の歯根が歯を支えています。この土台となる根の部分が無くなってしまうと差し歯などの治療法では対応できません。

インプラントは、歯根が残っていない場合に根を埋め込み人工の歯を支える治療法です。

当医院では20年以上、年間50本以上のインプラント治療を行っています。

ご予約ご相談はこちら
011-722-8020
インプラント治療

当院がインプラント治療に取り組む2つの理由

当院では、積極的にインプラント治療に取り組んでいます。

1.できるだけご自分の歯を、長持ちさせるため。

普通に行われている入れ歯やブリッジは、噛み合わせの際に残っている周囲の歯に多くの負担をかけてします。
通常、ものを噛むという行為は、奥歯とあごにすごく大きな荷重がかかっているため、他の歯をさらに失うリスクが高くなります。

歯を長く使うという意味では、入れ歯やブリッジは実は危険なのです。

2.今、入れ歯で苦労されている方を、助けるため。

インプラントになると、入れ歯やブリッジに比べ、本当に楽になります。

インプラントのメリット

1.ブリッジと入れ歯の欠点となる周囲の歯への負担がなくなる

インプラントは、チタンでできたネジのようなものです。
これを歯の根っこの代わりにあごの骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するという方法です。

インプラントは、あごの骨によって支えられるために、ブリッジや入れ歯のように、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。

そのため、周りの歯に負担をかけることがありませんので、ほかの歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。

インプラントは、自分の歯を大切にする治療法とも言えます。

2.噛みごたえが自分の歯に近い感覚になる

インプラントはあごの骨の中に植わっていますので、噛んだときの感覚、噛みごたえが入れ歯と違い自分の歯に近い感覚になってくるのです。

そして、脳への刺激も強くなってきますので、これまで入れ歯だった方がインプラントを入れると若々しく、活力に満ちた人生に切り替わる方も多いです。

インプラントのデメリット

1.外科手術が必要

あごの骨がやせすぎてしまうと、インプラントの施術が難しくなってきますので、インプラントを考える方はできるだけ早く診察を受けることをお勧めします。

加藤歯科のインプラント治療

当院のインプラント治療経験は20年以上。
現在は、年間に50~60本のインプラント治療をしています。

最初に治療した方のインプラントがまだ使えていますので、インプラントの最長記録は20年以上ということになります。

当院は、札幌市東区の、皆様のかかりつけ医として、無理して数をこなすよりも、安心、安全、そして痛くない治療ができるように心がけております。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は8:30からご予約可能 、 駐車場13台分完備

月〜金/9:00〜13:00、14:30〜19:00
土曜日/9:00〜13:00
日祝日/休診

小冊子プレゼント

入れ歯やブリッジ治療をする前に、知っておいてほいしいことがあります。小冊子にまとめました。

ご希望の方には送付します。

お電話(011-722-8020
または下記フォームよりお問い合わせください。

送信

当院のインプラントはなぜ「安心」なのか?

デンタルインプラントコーディネーターの資格を持つスタッフが、しっかりカウンセリングしています。
中には、3〜5回もカウンセリングを受ける方もいらっしゃいます。

しっかり納得して安心して治療を受けていただけるかどうかを決めていただきます。

カウンセリングは無料です、後からしつこく電話をして治療を押し付けるようなことはありませんので安心してご相談ください。

3か月毎の定期健診に来ていただける方には、5年間の保証を付けています。

もし、何か問題があったときには、無料で対応させていただきます。

当院のインプラント治療はなぜ「安全」なのか?

術前にCTを撮影し、安全に手術ができるかどうかを確認し、年間埋入本数50本以上を実施している、経験20年の院長が手術します。

そして、当院では安全なインプラント治療のために、様々な専用の器具を使います

CT

インプラントに使用する器具

ストッパー

インプラントを埋める穴をあけるときに、ドリルにストッパーを付けています。
指定した深さ以上を削ることはできなくなります。
これが、安全と治療の時間の短縮化にとても役立ちます。

ストッパーを使用しない場合は、深く削りすぎてしまい事故の原因になります。
CTを使い、削る深さを決め、それ以上削らないストッパーを使うため安全な処置が可能となります。

インプラント用ストッパー
インプラント用ストッパー

シムプラント(SimPlant)

インプラント専用の、CT画像分析ソフトです。インプラントを実施する前に、このソフトを使って分析しています。

CT付属のソフトでも分析を行いますが、必要があればインプラント術前シミュレーションが可能な「シムプラント(SimPlant)」を使い、さらに安全性を高めています。

インプラント専用CT画像分析ソフト「シムプラント」
インプラント専用CT画像分析ソフト「シムプラント」

ピエゾサージェリー(超音波機器)

骨を削る必要があるときに使います。神経や血管などの軟組織を傷つけず安全に最小限の骨だけを切削することができます。

削る時間が短くすむため、体に対するダメージや患者さんのストレスを最小にする効果があります。

ピエゾサージャリー
ピエゾサージャリー

「リサ」は小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブです。これを使い、安全な滅菌をしています。

クラスBオートクレーブ「リサ」
クラスBオートクレーブ「リサ」

その他にも、マイクロテックのリフティングドリル、明るいLEDライトによる拡大鏡、3ミックス、βーTCP,アパタイトなど安全を高める工夫をしています。

当院のインプラント治療はなぜ「痛くない」のか?

しっかり麻酔をして、できるだけ短時間で処置が終わるようにしています。
無理をして難しい症例を行うより、できるだけ安全に痛くない方法を選択しています。

もちろん、いろいろな治療法を研究していますので、他院さまでは無理と言われるような状況でも、安全に行えるような場合もたくさんありますのでご相談ください。

また感染予防のために術前にお薬を飲んでいただいたり、器具の消毒を完ぺきに行うなど感染予防を徹底していることも、痛みの発生を抑える役割を果たしています。

インプラントの費用

インプラントは自費治療になります。
インプラント1本埋入:¥264,000となります。

審美的に、キレイに仕上げたい場合は、¥364,650となります。
(ジルコニアアパットメント含む)

お支払いには、現金のほか、カード36回まで無金利のデンタルローンが使えます。
インプラントの治療費は、医療費控除の対象になります。

当院のインプラント治療について詳しく説明いたしました。
もし、今一本の歯を失ったとしたら、私ならインプラントにします。

歯を削ってブリッジにしたり、入れ歯を入れたりすると、さらに自分の歯を失う可能性が高くなるからです。インプラントは、自分の歯を長持ちさせてくれる唯一の方法なのです。

入れ歯でお困りの方、これ以上自分の歯をなくしたくない方、インプラントという治療法が解決できます。
あなたにとって、どうするのがいいのか?カウンセリングでしっかり説明させていただきます。
お気軽にご相談ください。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は8:30からご予約可能 、 駐車場13台分完備

月〜金/9:00〜13:00、14:30〜19:00
土曜日/9:00〜13:00
日祝日/休診

電話相談してみたい方

院長が無料電話相談いたします。
月〜金:午後1:30〜2:00
加藤歯科医院 院長 加藤 誠也

何か悩んでいること、心配なことがありましたら、お気軽に電話相談をご利用ください。