歯周病とは?

歯周病は、歯を支える歯茎や骨の部分が、細菌性プラーク(歯に付着している汚れ、沈着物)により破壊されていく病気です。

プラークの中には歯周病の原因となる歯周病菌が存在し、歯茎(歯肉)を腫らす炎症を起こしたり骨(歯槽骨)を溶かしたりします。

その結果、歯を支える土台が弱く、少なくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

日本では成人の80パーセントが歯周病であるといわれており、50歳以降では歯を抜く原因の第一位は、歯周病となっています。

ご予約ご相談はこちら011-722-8020
歯周病とは

歯周病の症状

歯周病には以下のような症状が見られます。

  • 歯ぐきから出血する
  • 冷たいものがしみやすくなる
  • 歯ぐきが腫れて痛みがある
  • 歯ぐきから、うみが出る
  • 歯が動いて、咬みにくくなる
  • 口臭がする
  • 最終的には、自然に歯が抜けてしまう
歯周病の症状
歯周病の症状は、歯ぐきの赤みや腫れ、出血、口臭といった症状

歯周病が与える全身への悪影響

歯周病菌は、お口の中に存在していますが、血管に入り込むことで全身に歯周病菌が渡り悪影響を与える場合があります。

  • 狭心症、心筋梗塞、脳こうそくなどになりやすくなる
  • 糖尿病の人は、歯周病になりやすく歯周病が糖尿病を悪化させることがる
  • 気管支炎・肺炎になりやすくなる
  • 妊婦さんの場合、低体重児・早産のリスクが高くなる
  • 誤嚥性肺炎(90歳以上の死亡原因の2位)の原因菌のほとんどは歯周病菌

歯周病が持つ厄介な3つの特徴

  • 歯周病菌は、みんなのお口の中にいる
  • 歯周病は、ある程度進行するまで気が付きにくい
  • 歯周病で破壊された組織(歯茎や骨)は、元には戻らない

歯周病は、ひどくなるまでほとんど自覚症状がありません。
ガマンして放置していると、歯茎が痩せて、自然に歯が抜けてしまいます。

重度の歯周病の症例、歯周病が進行し、歯茎がやせ、自然に歯が抜けてしまう
重度の歯周病の症例、歯周病が進行し、歯茎がやせ、自然に歯が抜けてしまう

歯周病は、症状が悪くなってからでは、治療も予防も大変です。

早期発見のため、歯周病の検査をおすすめします。

歯周病は虫歯の原因

歯周病になると歯ぐきがやせくるため、普通よりも5~6倍虫歯に虫歯ができやすくなります。
歯ぐきが痩せるため磨きにくいところ、食べ物が挟まりやすいところ(歯周ポケット)がたくさんできてしまうからです。

歯ぐきがやせると、歯ブラシも届きにくなり、更に歯周病が進みやすくなる悪循環となります。

歯と歯の間に、歯ぐきがぴっちりあった健康な状態なら歯ブラシだけできれいに磨けますが、歯ぐきがやせると歯間ブラシを使わなければ磨けないところができてきます。

歯ぐきが下がる前に、歯ぐきの検査と歯石取りをして歯周病の予防をしましょう。

歯周病を予防するには

これは同じ50代の男性のレントゲン写真です。

正しい歯周病の知識をもって、歯周病の予防をしていたかによって同じ50代でもアゴの骨の状態が大きく異なります。
正しい歯周病の知識をもって、歯周病の予防をしていたかによって同じ50代でもアゴの骨の状態が大きく異なります。

右の方は虫歯の治療後が多くありますが、左の方と比べて、アゴの骨の吸収がずいぶん違います。
左の方は、いづれ入れ歯が必要になりますが、右の方は一生自分の歯でかむことができそうです。

同じ50代の男性ですが、この差は何でしょうか?

それは、正しい歯周病の知識をもって、若いときから、悪くなる前に日々歯周病の予防をしていたかどうかによります。努力の差ではありません。

歯周病を予防するには

歯周病の予防は早ければ早いほど良いです。

なぜなら、歯周病が進行し悪くなったものは、治療も予防もとても苦労が伴うからです。

悪くなった歯茎や骨は元に戻すことはできません。
悪くならないようにすることが大切です。

当院では、定期的に歯の汚れや歯石の除去を行い、歯茎が痩せる前からしっかり予防をすることをおすすめしています。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は8:30からご予約可能 、 駐車場13台分完備

月〜金/9:00〜13:00、14:30〜19:00
土曜日/9:00〜13:00
日祝日/休診

歯周病治療の流れ

保険治療で歯周病を治す場合、治療内容や順序は決まっています。
治療と検査を行い、検査の結果によって次に進む治療が決まっていきます。

歯周病治療の流れ1

口腔内写真とレントゲン撮影をして検査します。
歯ブラシ、磨き方の確認や、スケーリング(主に見える部分の歯石除去)を行います。

歯周病治療の流れ2

前回の治療の結果、歯周ポケットの深さが3ミリ以下になっていれば治療は終了します。

深い歯周ポケットが残っている場合は、SRP(主に歯周ポケット内の深い部分についている歯石、歯垢(しこう、プラーク)の除去)を行います。

歯周病治療の流れ3

前回の治療の結果、深い歯周ポケットが残っている場合には、歯周外科治療を行う場合があります。

※外科治療をしなくても、必要があればSPT(メンテナンス治療)に移行する場合もあります。

歯周病治療の流れ4

SPT(メンテナンス治療)に移行します。

歯周病治療で一番大切なことは、ご自分で毎日お口の中から歯垢を除去することです。

歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなど指導された器具を使ってきちんとお口の中をきれいにすることが一番重要です。

スケーリングとは?

スケーラーという歯科器具を使い、歯や歯根の表面から歯周病の原因となる害性物質(プラークや歯石)を取り除くことです。

 

SRPとは?

「スケーリング・ルートプレーニング」の略で、歯周病の原因となる害性質(プラークや歯石)を歯周ポケットの中(歯根に隠れている深い部分)から取り除くことです。

 

SPTとは?

「サポーティブペリオドンタルセラピー」の略で、保険による歯周病安定期治療のこと。歯周病が進行しないよう安定した状態を維持するために定期的に行う治療のことです。

お気軽にご予約、ご相談ください

札幌市東区北30条東7丁目3-18

朝は8:30からご予約可能 、 駐車場13台分完備

月〜金/9:00〜13:00、14:30〜19:00
土曜日/9:00〜13:00
日祝日/休診

電話相談してみたい方

院長が無料電話相談いたします。
月〜金:午後1:30〜2:00
加藤歯科医院 院長 加藤 誠也

何か悩んでいること、心配なことがありましたら、お気軽に電話相談をご利用ください。