歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病の予防の結論から
(大切なので最初に書きます。)
歯周病は、ご自分だけでは予防することはできません。
なぜなら、歯周病になっているかどうかは、歯周病の検査を受け、レントゲンを撮らなければわからないからです。
しかも、歯周病の原因である歯石は、自分でとることはできません。
歯ぐきの中の、見えないところにも黒い歯石が付着してきます。
ついていることさえ、ご自分ではわからない場合もあるのです。
ですので、かかりつけの歯科医院さんで定期的に歯周病になっていないかどうかのチェックを受け、定期的に歯石取りを受けてください。
それが、唯一の方法と考えてください。
歯周病は、ある程度進行するまで自覚症状はありません。
歯ぐきがやせてしまった。歯が動くようになってきたと気づいた時には、かなり進行しています。
歯周病によって、歯の周りの骨は溶けてしまいます。
それは、治療しても元には戻りません。悪くなる一方なのです。

30代の方の80%以上が歯周病と言われています。

あなたも歯周病になっている可能性は、80%以上あるのです。
悪くなる前に、歯科医院にかかり予防することを強くお勧めします。
それでは、これから歯周病について詳しく説明していきます。

歯の構造

歯の構造について詳しく解説します。
歯の構造

エナメル質

歯の表面の部分です。痛みを感じることはありません。

象牙質

神経の周りにある歯の大部分を占める組織です。
知覚器官があり、痛みを感じる場所です。
歯の表面のエナメル質よりも、5~6倍虫歯になりやすいです。
歯ぐきがやせた部分には、エナメル質のおおいがないので、しみやすくなります。(知覚過敏の原因)

神経

正式には歯髄と言います。痛みを感じる神経があります

歯周ポケット

図の赤い矢印の部分です。歯と歯茎の境目には、歯周ポケットという隙間があります。
その隙間に歯周病菌が繁殖すると、ポケットが深くなります。
歯ぐきの炎症が起きたり、歯を支えている骨を溶かしたりします。

歯周病とは?

歯周病の進行
① 歯の周りに歯垢や歯石が残り、歯ぐきが炎症を起こしている状態。
② 歯ぐきからの出血があります。
まだ、歯の周りの骨が溶けていません。
歯垢をとって、歯石をとれば元の健康な状態に戻ります。
③ さらに歯周病が進み、歯ぐきがやせて歯の周りの骨も溶けている状態。
食事をすると物が歯の間に挟まりやすくなります。口臭がしたり、歯ぐきが腫れたり、硬いものを噛むと痛くなります。
治療をしても、 骨は元に戻らず、逆に歯ぐきが引き締まり、見た目的には、歯ぐきがさらにやせて見えます。
④ 治療をしないで進行すると、歯がぐらぐら動いて物が噛めなくなります。
ひどく腫れたり、ひどい口臭がします。治療は、抜歯になります。
45歳以降の、抜歯の第一原因は歯周病です。あごの骨がやせているので、入れ歯でも苦労することになります。

歯周病になるとこんなにつらい!

口が臭くなります。口臭の原因の80%が歯周病と言われます。
歯ぐきがやせて、見た目が悪くなります、冷たいものがしみやすくなり、食べ物がはさまりやすくなります。
進行すると歯が動いて噛めなくなります。(45歳以降の抜歯の原因の第1位です。)
糖尿病や心筋梗塞、脳こうそくの原因になります。低体重児出産の原因にもなります。
しかも、歯周病は治療しても、やせてしまった歯ぐきや骨は元には戻りません。

歯周病の原因

歯周病の原因は、お口の中にいるいろいろな種類の細菌の複合感染です。
それぞれが、住みやすい環境を作り出しています。
自分たちの周りに多糖体のバリアを作り、唾液の免疫や抗生物質などに負けない強固で病原性の強いバイオフィルムとなっています。
これは、歯垢とか、プラークという名前で呼ばれたりもします。

歯周病は全身疾患のリスクファクターです

  • 脳卒中:2.8倍
  • 心疾患:2.7倍
  • 肺炎:4.2倍
  • 糖尿病:6.0倍
  • 早産、低体重児出産:7倍

なりやすくなると言われています。全身の健康に、悪影響があります。

歯周病の治療について

※歯周病は、検査をしなければ進行してきているのか、治ってきているのかがわかりません。
治療に当たっては、ステップごとに歯周病の検査が必要になります。

  1. ご家庭での丁寧なブラッシング 歯ぐきがやせていれば、歯間ブラシも使う必要があります。これをしなければ、歯周病は治りません。
  2. 歯石取り(スケーリングといいます。)
  3. 歯ぐきの検査 軽度の方はこれで終了できる場合があります。4ミリ以上のポケットのある方は、次の治療が必要になります。
  4. 深い部分の歯石取り(SRPといいます。)
  5. 歯ぐきの検査 SRPをしたら、治り具合を調べます。落ち着いている方は、定期健診に移行します。
  6. 外科処置 検査の結果、深いポケットが残っている場合には、外科処置をする場合があります。
  7. 歯ぐきの検査 安定している場合は、定期健診に移行します。歯が動いたりしている場合は、連結が必要になります。
  8. 定期健診 歯周病菌は、常に口の中にいます。油断すると、すぐに歯周病は再発します。
  9. ご家庭でのしっかりとしたブラッシングと、定期的な検査とクリーニングで歯周病の進行を予防していきましょう。

※歯周病は治療しても、ほとんどの場合溶けてしまった骨は戻りませんし、やせてしまった歯ぐきの状態も元に戻りません。
やせたままになります。歯周病は、悪くなる前に予防していきましょう。定期健診をお勧めします。
虫歯菌の感染がなければ、歯磨きがいい加減でも虫歯にはなりません。
しかし、すべての人が歯周病菌には感染しています。
つまり、虫歯がなくても、いずれ歯周病になってしまい、歯を失うことになってしまうのです。とても残念なことです。
繰り返しになりますが、定期健診を受けるようにしてください。

関連記事

  1. 加藤歯科医院は、オンライン資格等システムを導入しました。

    オンライン資格確認等システムを導入しました

  2. 「か強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)」の施設基準を満たした認定歯科医院です

    か強診の施設基準が認定されました

  3. 歯ぐきケアジェルPCX

    歯ぐきケアジェルPCX – 歯周病と虫歯の予防の…

  4. メルサージュ エピック 2in1

    メルサージュ エピック 2in1(松風)を導入しました

  5. 歯が抜けてしまいました

    歯が抜けてしまいました、どうしたらいいでしょう?

  6. 歯周病にならないための、正しい歯の磨き方

    歯周病にならないための、正しい歯の磨き方

加藤歯科医院

札幌市東区北30条東7丁目3-18

診療時間

午前 9:00 - 13:00
午後 14:30 - 19:00(土曜は午前のみ)
休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

最近の記事

  1. 加藤歯科医院は、オンライン資格等システムを導入しました。
  2. 「か強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)」の施設基準を満たした認定歯科医院です
  3. 歯ぐきケアジェルPCX
  4. メルサージュ エピック 2in1
  5. 歯が抜けてしまいました
PAGE TOP